高まる需要

医療現場で着やすくて動きやすいとスクラブ白衣の需要が高まっています。従来の医療施設では、緑や青のVネックが主流であるスクラブは手術着として認識されていましたが、現在では違います。

ドクターや看護師さんは必見です!スクラブや白衣を購入するなら通販がお得ですよ。種類やカラー、デザインも豊富に取りそろえています。

違いについて知る

デザインについてしっかり確認することが可能となっています。白衣やスクラブを購入したい人は必見になります。欲しい物が見つかります。

スクラブと白衣の違い

一般に白衣というと、羽織るタイプの丈の長いものを指します。外来担当の医師や研究者などがよく着用しています。また看護師の白衣といえば、ワンピース型が代表的でしたが、近年は半そでの上着とパンツの組み合わせが増えてきました。一方のスクラブは、大きな病院の医療スタッフなどが着用する丈の短い前とじのものを指します。綿素材の医療用スクラブは、海外では1990年代から手術着や医療スタッフのみならず、看護師用の制服として用いられていました。日本でもワンピースや白衣と比べ、着替えやすく洗濯にも強いスクラブが、徐々に多くの看護師の制服として使われるようになってきました。スクラブとはごしごし洗うことを意味し、衛生的に保ちやすい面が評価されています。

快適に働くためのユニフォーム

スクラブの優れた点は、そのデザインにもあります。従来の白衣と違いボタンが無いため、作業中にひっかかることがなく着脱もスムーズです。カラーヴァリエーションも豊富で、白衣に対して緊張を感じる人などに向けて、明るい色合いを選ぶことも可能となりました。キャラクタープリントがされたものは、小児病棟で活用されています。以前はスクラブといえば、男女共用が一般的でしたが、男性らしいシルエットや女性らしいシルエットの制服も販売されています。ストレッチ素材であったり、防シワ加工や形態安定加工がされていたり、抗菌防臭や防透など複数の機能をあわせもつものもあります。スクラブが広まるにつれ、各メーカーが動きやすく使いやすい制服を開発しており、好みに合わせた選択が容易に出来るようになりました。

昔と今の違い

従来の医療の現場は、硬くて暗い雰囲気の印象がありましたが、現在は、個人病院や歯科医院、美容系クリニックを中心とした施設では、患者をリラックスさせ、明るい気持ちになるように配慮した工夫が施されています。

幅広い活躍

医療現場での手術時に着用される緑色のスクラブは、メディカル用品専用の通販でお得にまとめ買いができます。価格が手頃ですし、何度も着替えるものですから、たくさんまとめ買いをしておいても無駄にはなりません。